建築について

今年は、雨が多いですが、外壁を見直した方がよいと思います。

今年は、コロナウイルスが世界的に広まって経済には、かなりダメージが起きております。そんな中、近所の家を見てみると、外壁の塗装の色が落ちてきているのが目立ちます。友人の家に立ち寄って、許可をもらって外壁に手をこすりつけてみると、外壁の色が指につくんです。外壁をこすってみて色が指につくようになると、塗装の効果がなくなって、このままにしておくと、雨が降った時に、外壁から内部に雨水が浸透していき、やがて外壁の内部の木にカビなどが発生し、腐っていくようになります。こうなってくると、外壁の塗装だけではなく、内部も工事しないといけないので、かなりの予算がかかるようになります。そうなるまえに、外壁の塗装をやってほいたほうがよいのです。今年は、これだけ天候がおかしいと、台風の心配もありますし、是非、外壁塗装の見当をしてみてください。ご自分で塗ることができる人は、ホームセンターの水生のペンキで十分だと思いますので、がんばって塗ってみてください。ローラーで2度塗りすれば、素人でもかなり綺麗になりますよ。よく職人さんがホームセンターのペンキじゃ耐久年数がないからダメという人が多いですが、それは、昔の話で、今は、ホームセンターの塗料でも耐久年数は、7年以上もあります。だいぶペンキの質がよくなってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です