旅館と民宿

血液の流れによい食べ物を教えてくれる宿

私たちがよく行く民宿のお料理は、体によい食材を使って出してくれております。この宿は、秩父の民宿になるのですが、ここのご主人は、お母さんが脳梗塞でたおれてから、かなり独学で勉強し、血液の流れによい食材を使って食べさせたので、お母さんもみるみるうちに回復したといいます。ご主人さんが言うには、動脈硬化の予防のレシピの本はあるのだが、そのまま調理して食べると美味しくないので、それをいかに美味しく食べるかをよく考え、独自で味の調整をおこない、今ではかなりの数のレシピが誕生したそうです。ご主人さんも毎日、動脈硬化によい食事をつくり、一緒に食べているので、かなり体調がよいみたいです。

宿の夕食にだされている品数も、どれを食べても美味しいし、体によいものばかりなので、安心して食べれます。今、世界では、ウイルスの勢いが強いですが、血液の流れをよくすることで、予防ができるということをかなり学ぶことができました。都内に帰ってからも、宿のご主人に言われた通りの食材を選び、美味しく食べていますので、今のところ、私の知り合いも元気にしております。3週間ほど血液の流れによい食事をしておりますが、かなり体調がよくなっていることに驚かされております。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です